ETCカードってなんだろう?

車に乗らない人でも一度は「ETCカード」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

名前としての認知度は高いですが、実際に何をするカードかは詳しく知らないという人が多いのではないでしょうか。

車に乗っていても、ETCカードを利用していないので仕組みについてわからない、これからETCカードを持ちたいけれどどういう準備をすればいいのかわからないという人もいます。

ETCカードとは、いったいどのようなカードなのでしょう?

ETCとは「Electronic Toll Collection System」の略で「電子式料金自動収受システム」と訳されています。

それまでの高速道路では、料金所に一台ずつ車が並び係員に現金で通行料を支払っていました。

その後、渋滞や料金支払いの煩雑さを解消する目的として2001年に初めて料金所のゲートを通過するだけで通行料金が自動決済される、後払い方式のETCという画期的なシステムが導入されました。

具体的には、申込みをして発行されたETCカードを車載器に差し込み走行すると、料金所に備え付けられている無線と連動し、自動的に料金が支払われるという仕組みになっています。

申込みについてですが、ほとんどのETCカードの決済はクレジットカードで行われるため、申込み時にはクレジットカード会社としての審査が行われます。

誰でも審査が通るわけではないので気をつけましょう。カード会社ごとに年会費無料やポイントが貯まるなどお得な点が異なりますので、よく比較しましょう。

クレジットカードを持ちたくない、審査に自信がないという人は「ETCパーソナルカード」という高速道路事業者が発行している審査なし・口座引き落とし専用のカードがあるのでそちらを申し込みましょう。

ただし、年会費や高額なデポジット料金がかかるなどのデメリットがあります。

意外と見落としなのが車載器です。自分の車の情報を登録するためのセットアップという作業が必要になります。

認可を受けた業者でないと作業ができないので、注意しましょう。

ETCカードが発行されたら、ぜひ高速道路をドライブしてみましょう。

料金所でいちいち財布を出したりする必要もなく、今までにない快適なカーライフを体験することができるはずです。

しかし、使用していくうちにもちろん予期せぬエラーや故障が出てくることも確かです。

突然カードが読み取れなくなった、車載器が故障したなど、どのようなトラブルが想定されるのか、どのような対応をすればよいか前もって知っておくことが大切です。