ナンバー変更したらETCカードでエラーが起こった場合

引っ越しが決まってナンバープレートを交換することになった、新車に買い替えてナンバープレートが変わったなど、車に乗っているとナンバーが変わることはしばしばあります。

この場合、ETCカードはどうなるのでしょうか?もし、何も手続きしなかったとしても、ETCカードとしての最低限の役割は果たしてくれます。

高速道路を通行して精算する分にはゲートも開きますし問題がないといえますが、正しいことではありません。

そもそも車両情報が異なるため、利用規約違反となり不正通行とみなされる可能性もあります。

そのうえ、車両情報が異なるとETC利用照会サービスやマイレージサービスを受けることができなくなってしまいます。

ナンバープレートを変更したら、何をすればよいのでしょう。

いかなる事情でも車両の情報が変わったら、車載器を再セットアップすることが必要になります。

車載器の車両情報を新しくするための作業ですが、最初に車載器をセットアップしたときと同様、認可を受けた業者でしか行うことはできません。

自分で作業することはできないと考えて間違いないでしょう。

業者はインターネットで探すか、近くのディーラーやカー用品店で行うことができます。

値段の相場は約3000円ほどで、おおよそ1時間程度で作業は終わるので面倒くさがらずすぐに済ませましょう。

再セットアップに必要なものですが、車検証の原本・車載器本体(車載器だけを持ち込む場合は電源ケーブルも必要)・セットアップをする本人の運転免許証・申込書になります。

前回セットアップした際の控えを持っていれば、車載器登録番号・形式登録番号の二点が確認できますので手続きがスムーズに行えます。

あれば持参しましょう。

きちんとセットアップされているか、車載器に記録されている内容を確認したいという人もいるかもしれませんが、それはできません。

それだけ、車載器の情報は繊細なものになります。

再セットアップされれば、マイレージサービスや照会サービスが利用できるようになりますので、それできちんとセットアップできているということがわかるでしょう。

補足ですが、引っ越しでナンバープレートが変わったなら、ETCカードの情報も変更する必要があります、クレジットカード会社にきちんと住所変更の届けをしておきましょう。

また、マイレージサービスの住所変更や車両情報変更も必要です。

とうぜんですが、免許証や車検証の変更手続きも忘れずに行っておきましょう。

きちんと手続きしてマナーやルールを守って、新天地でのETCライフを満喫してください。