ETCカード、別のカードに差し替えることは可能?

高速道路を走行中に、万が一ETCカードにエラーが生じた場合どうすればよいのでしょうか。

通常は出口でETCカードに不具合があった旨を報告して、係員の指示に従うのがいちばんベストでしょう。

ですが、予備のETCカードを持っていたり、同乗者がETCカードを持っていてそのカードが通常に利用できる状態だったら、差し替えは可能なのでしょうか?また、諸事情で入口を通過したETCカードではなく、本当は別のETCカードを使って精算したかったというケースも考えられます。

道中、ETCカードの差し替えをしても問題ないのでしょうか?

差し替えをしても問題がないケース

料金所の入口で課金がなされる高速道路がこれにあたります。

入口を通過した時点で通過料金が決定されるため、ETCカードに既にその情報が書き込まれるからです。

この場合は、出口に料金所がないためそのまま出ていけばいいだけです。

入口の時点でエラーがなく課金がなされていれば、その後ETCカードに不具合が生じたとしても未払いになることはありません。

おわかりかと思いますが、他のカードに差し替えて精算することはできませんので、差し替えをしても無意味です。

差し替えをしたら問題が起こるケース

入口と出口に料金所がある高速道路です。

高速道路の入口でETCカードに記録された情報をもとに、出口のETCレーンで走行距離に応じた金額を自動的に計算して課金します。

途中でカードを差し替えたらどうなるでしょう?とうぜん、入口の情報のないETCカードのデータが反映されるためエラーが起こります。

エラーが起こったらバーは開きませんので、係員に入口を通過したETCカードを提示して手動で精算してもらうことになります。

そのまま無視してゲートを通過しても後で支払いの義務が生じるためいいことはありません。

後続車の迷惑にもなりますので、むやみな差し替えは絶対にやめましょう。

途中でETCカードに不具合があったと気づいた時は係員のいるレーンに行って直接清算をする流れになります。

ETCカードの故意の差し替えは犯罪にもつながる?

故意にETCカードを差し替えて、入口の情報と出口の記録情報が異なるようにして、差額で得をしようとした人がいます。

これは立派な犯罪で電子計算機使用詐欺の罪になり、実際に逮捕者も出ています。

安易な気持ちのETCカードの差し替えは、本人にその気がなくても疑いのもとになりかねません。

ルールを守ってETCカードを利用しましょう。