エラーでETCカードが未払いになってしまったとき

ETCカードを使って高速を走行していて、料金所の出口でエラーになった場合、その場で停車して対応することが義務付けられています。

ですが、予期せぬエラーで焦ってしまうことももちろん考えられます。

焦ってしまったり、後続車が減速しないせいで、やむをえずそのままゲートを通過してしまったらどうなってしまうのでしょうか。

不正通行とみなされたらどうしよう、支払いはどうなるのか、罰金になってしまうのかなど心配になってしまいますよね。

対応はどうすればよいのでしょう。

勿論、その時の状況によって適切な対応方法があります。

【高速道路ご利用の方|NEXCO 東日本】このサイトで出口付近でエラーになった場合の対応方法が記載されています。

料金が未払いになてしまった場合についても記載されているので、もっと詳しく知りたい方は一読するといいでしょう。

さて、対応をすればよいのか書き出していこうと思います。

まず、ETCゲートをエラーのまま通過してしまったら、なるべく早くその高速道路を管轄している道路会社へ連絡しましょう。

その際、通過した料金所の場所とゲート№・日付・時刻・車種・車の色・ナンバーなどなるべく詳しく申告しましょう。

道路会社で情報を調べて、通行の記録が確認できたらカード会社に請求されます。

その後、通行料金がETCカードからクレジット料金として引き落としされます。

道路会社によっては現金で支払うことも可能ですが、手続き用の書類を記入して事業所に直接支払ったり、再度利用した道路会社の高速道路の料金所へ次回通行時に支払うことになります。

道路会社によっては通行の上限料金を支払うがあるところもあります。

郵送での送金もできるところもありますが、いずれにしてもたいへん不便で損なので、ETCカードで支払うことをおすすめします。

もし、通過をしたままうっかり連絡を忘れてしまったらどうなるでしょう。

それがうっかりであっても、払うつもりがあってもそのうち連絡しようと思って延び延びになってしまったとしても、不正通行とみなされる可能性があります。

道路会社によっては正規の通過料金の他に割増金を加えて請求される場合があります。

とくに悪質とみなされた場合は、警察への通報も避けられません。

道路整備特別措置法により、30万円以下の罰金が別途課せられる場合があります。

皆さんが思う以上に、高速道路上の不正通行は横行しており、取り締まりも年々厳しくなっています。

高速道路を降りてからすぐに連絡をするぐらいの速やかな対応がドライバーに問われます。

悪質かどうかは道路会社のレコーダーがきちんと記録をしているため、後続車のせいで通過せざるをえなかったり焦って通過してしまったり、明らかに故意ではないとわかる場合には不正通行とはみなされません。

そこは安心してください。

そういったことを想定して、すぐ連絡できるよう電話番号を控えておくのもいいかもしれません。