出口でETCカードのエラーが発生した場合

ETCカードを利用して高速道路の出口を通過する際、何事もなければETCレーンの上部にある無線機と車載器のアンテナでデータ通信が行われ、開閉ゲート(バー)が開く仕組みになっています。

ですが、万が一何かしらのエラーが発生してゲートが開かなかったり、トラブルになってしまったらどうしたらよいのでしょう。

高速道路を降りる際、ETC専用レーンに減速しながら入っていきます。

すぐに停まれるスピードと定義づけられているため時速20㎞程度です。

通常であれば、路側表示器に緑色の矢印が点灯し前方のバーが開いて通行可能となります。

もしエラーが出た際には車載器からもエラーの警告音が出ますが、路側表示器にも「STOP」の表示が出て、バーも開きません。

減速しながら入っていくのはこのためです。

バーに接触しないように、速やかに車を停めましょう。

この際、焦って車の外に出たり、路側を歩いたりしてはいけません。

思いもよらぬ事故につながりかねません。

バーの手前にインターホンがあるので、車の窓を開けて係員の指示を仰ぎましょう。

たいていは、係員に直接ETCカードを渡して清算してもらうというかたちになります。

もちろん直接支払ったとしてもETC割引は適用されますので安心してください。

ETC専用レーンに限らず、料金所は必ずといっていいくらい、後続車が後ろに並んでいます。

もし、エラーがあってゲートが開かなかった場合は車を停めるだけにしましょう。

バックで戻るようなことは絶対にしないでください。

前のほうに行き過ぎてインターホンが遠くなったとしても、戻ることは厳禁です。

大きな声を出すなどして対応しましょう。

後続車の中には、減速をせずにETCゲートを通過するのが当たり前といったような感じで侵入してくる車両もあります。

この場合、ルールを守って停車しても、後続車がすぐ後ろに迫っているため追突しかねません。

やむをえずですが、ゲートを通過するという方法もあります。

バーは柔らかい素材のため、車に傷がつくことはありません。

後で必ず連絡・清算が必要となります。

もし、後続車が何台も並んでいる場合エラーが起こってしまっても、焦らないことが大事です。

エラーは誰にでも起こりうることなので、お互いさまです。

後続車に迷惑がかかると思うかもしれませんが、対応が終わるまで落ち着いて行動しましょう。

たまたま後続車がいないからといってバックして一般レーンに迂回するなどもってのほかです。

車のスピードは思いのほか速いものです。

大事故を防ぐためにもルールを守ってください。