不注意でETCカードが故障することもある

ETCカードの故障は長期使用による経年劣化だけが原因ではありません。

人為的な原因で壊してしまうことも十分考えられます。

他のクレジットカードと比べて持ち運びや抜き差しの機会が多いだけに、取り扱いには十分注意しましょう。

車内に放置して破損

いちばん多い破損原因のひとつです。

真夏の閉め切った社内の温度はあっという間に50℃を超えます。

そんなところにカードを置いていればETCカードでなくても確実に変形してしまい磁気異常を起こしてしまいます。

ETCカードを差しっぱなしにしていた場合はどうでしょう?車載器には一体型と分離型の二種類があります。

分離型はアンテナと本体(カードを入れている部分)が分かれているため、本体を熱がこもりにくいところに設置すれば高温による破損はあまりありません。

一体型の設置場所はダッシュボードの上になるため、とくに高温にさらされる環境です。

「ETCカードは差しっぱなしにしておいたほうがよい」という意見もありますが、破損の危険性もあるため長時間車を離れる場合は抜いておきましょう。

磁気のあるものに近づける

強い磁気を発生するもののそばに置いておくと磁気異常を招きます。

身近なところに意外と磁石はあります。

至近距離に近づけさえしなければ大丈夫ですが、くれぐれもカードを磁石で留めたりすることはやめましょう。

家電も電子レンジやテレビなど磁気を発生させます。

スマホなども気を付けましょう。

子供のいたずらでハサミなど、金属を触れさせることも故障の原因になります。

強い圧をかける

そんなことをする人はいないと思いますが、カードを故意に折り曲げたりすることは厳禁です。

ですが、不注意で曲がってしまうことがあります。

いちばん危険なのが、SAなどで高速道路を一時的に降りる際、カードを抜いてお尻のポケットに直に入れてしまった場合です。

それを忘れてうっかり腰掛けてしまったら、カードに強い圧力がかかって破損しかねません。

カードを抜いたら財布かカードケースに入れるなど、安全なところにしまっておきましょう。

ICチップの破損や水損

ETCカードだけではありませんが、カードの表面にはICチップといって金属がむき出しになっている部分があります。

その部分を触ったり傷つけたりすることもエラーや破損の原因になります。

手が触れてしまったり軽い接触程度なら問題ありません。

雨の日などETCカードをポケットに入れたまま移動するなど水損の原因を作ってしまうこともあります。