ETCカードがエラーになる原因

ETCカードを利用していると、どうしても避けて通れないのがエラーです。

なぜ、エラーは起きてしまうのでしょう。

その原因はどこにあるのでしょう。

ETCカードに原因がある場合

ETCカードそのものに不具合や故障が生じた場合、当然ですがエラーがおきます。

いちばん多いエラーはカードの挿入時のエラーです。

挿入時のカードの種類が違う・入れる向きが違うなどの原因が考えられます。

次に多いのはカードの読み取り部分であるICチップが汚れていることによって生じるエラーです。

チップ部分を触ったり、長年使っているとごみが付着するのが原因です。

クリーナなどでふき取り掃除をすることで改善されます。

また、カードそのものが破損している可能性もあります。

車の中に長時間放置などしていると、熱の影響でカードが変形してしまったり、磁気部分に異常をきたすことが考えられます。

カードは適切に管理しましょう。

また、カードの使い方も原因のひとつです。

ETCカードの入れ忘れに気が付いて、料金所を通過する直前に慌ててカードを挿入しても、読込に時間がかかるためエラーの原因となります。

また、高速道路の入口でカードを入れ忘れるなどのミスもエラーに繋がります。

後続車にも迷惑がかかりますので注意しましょう。

車載器に原因がある場合

なにもカードばかりがエラーの原因ではありません。

車載器自体の不具合も考えられます。

車載器の中にあるICチップを読み取る部分に汚れが付着しているケースがいちばん多いです。

この場合は、市販のETC車載器専用のクリーナーがありますので掃除をすることにより解決します。

備え付けの不織布がついているカード型のクリーナーに、クリーナー液をつけて何度か抜き差しをすることで汚れが落ちるしくみです。

自分で掃除をする自信がないという場合は業者にメンテナンスを依頼することもできます。

それでも改善しない場合は故障も考えられますのでメーカーへ点検の依頼をしましょう。

エラーが生じた場合は、車載器とカードのどちらにその原因があるのかを確かめましょう。

まず、ETCカードを他の車の車載器に差し込んでみて、ETCカードが正しく認識されるか試してみてください。

どの車載器でも同じエラーが出るようならETCカードがエラーの原因です。

もし、他の車載器でETCカードが正しく認識されるようでしたら、車載器のほうに問題がある可能性が高いです。

よく見極めて対処しましょう。