よく起こるETCカードのエラー「03」について

ETCカードにはさまざまなエラーがありますが、いちばん発生頻度の高いエラーはどういったものでしょうか。

また、対処法はどのようにすればよいのでしょうか。

実は、エラーコードの中で「03」がダントツに多いといわれています。

03はETCカード異常と呼ばれており、カードを挿入したときにETCカードだと認識されなかった際に出るエラーです。

このエラーでいちばん多い原因はカードの入れ間違いです。

勘違いでETCカードによく似た別のカードを挿入してしまったり、カードの裏表や向きを間違えて入れてしまったときに起こります。

この場合は、正しいETCカードを挿入する、正しい向きで挿入することで解決します。

次に多い原因はカードのICチップの部分汚れです。

長い間、ETCカードを抜き差ししているとどうしても手垢やごみが付着してしまいます。

カードの読み込みエラーのため、この場合は柔らかい布などでやさしくチップ部分の汚れを落としてあげれば解決します。

ゴシゴシこするとICチップに傷がついて故障の原因となるので注意しましょう。

落ちにくいがんこな汚れの場合は専用のクリーナーが市販されているため、それを使用しましょう。

上記を試してみて、やはりエラーが出る場合は車載器かカードのどちらかに不具合が生じているといえます。

まず、他の車の車載器に差し込んでみて、ETCカードが正しく認識されるか試してみましょう。

もし、他の車で認識されるようだったら、車載器のほうに問題がある可能性が高いです。

自分でメンテナンスできる方法もありますが、まずはメーカーや販売店へ相談してみましょう。

どの車載器に差し込んでも読込不良のエラーが出る場合は、ETCカード自体の不具合や故障が考えられます。

その場合は、カードの再発行をすることが可能です。

カードの再発行手続きは、ETCカードの発行会社へ連絡して申込みをします。

新しいカードが届くまではおおよそ1~2週間かかります。

新しいカードが届いたら、再度車載器に差し込んで試してみてください。

万が一、それでもエラーが出る場合は車載器側の問題が考えられます。

エラーが生じた場合、ETCカードと車載器、どちらに問題があるのかは機械のためなかなかわかりづらいです。

まずは、自分自身でできる対処方法を試してみて、どれをやっても改善しなかったという場合は、カードの再発行と車載器の修理・交換を両方視野に入れたほうが間違いはないでしょう。