ETCカードで起こるさまざまなエラー

どんなものでも、長く使えばかならず不具合が出てきます。

ETCカードも、もちろん長期にわたって使用していれば、エラーが出てきても不思議はありません。

ETCカードには、いったいどんなエラーがあるのでしょう。

ETCカードのエラーは、エラーコードとして表示されます。

エラーが発生するのは、電源を入れた時やETCカードを差し込んだ時、料金所です。

それ以外のところでのエラーは滅多にありません。

エラーコードは01~07、11、80~89に大別されており、どのメーカーにおいても共通されています。

01(挿入の異常)

ETCカードの挿入の向きが正しくなかったり、そもそもカード自体を差し込んでいない状態にそのようなエラーが出るようです。

正しい向きで入れ直してみましょう。

02(読込の異常、データの処理異常)

車載器がETCカードを読み込めなかった場合に起きるエラーです。

カードの向きの確認や、カードに汚れがついてることもあるのでよく拭いてからもう一度挿入してみましょう。

03(ETCカードの異常)

ETCカードそのもののエラーです。

裏表の間違いや、勘違いで違う種類のカードを差し込んでしまうとこのようなエラーが出ます。

ETCカード自体の異常も考えられます。

04(車載器の故障)

車載器に不具合がある場合に出るエラーです。

もう一度抜き差しして同じエラーが出るようでしたら、メーカーに問い合わせが必要です。

05(ETCカードの確認認証エラー)

違うカードを入れてしまったり、読み込んでいるカードの情報がきちんと認識できなかった場合のエラーです。

正しいETCカードであってもカード情報を認証中に誤って出してしまうとエラーが出ます。

06(車載器情報の異常)

料金所を通過する際に、料金所と車載器の間でうまくデータ通信ができなかった際にエラーが発生します。

料金所にいる係員の指示に従いましょう。

車載器が原因の場合もあります。

07(通信異常)

エラーコード06と似ていますが、こちらはただ単に料金所と車載器間のデータ通信の異常を表します。

11(ETCカードの書込異常)

データを書き込む際にエラーが出るようです。

車両を停止するよう表示される場合があります。

係員の指示に従いましょう。

80~89(メーカー個別のエラー)

車載器メーカーが個別に設定しているエラーコードです。

取扱説明書を読み、メーカーに問い合わせましょう。

参考URL≫≫http://www.mhims.co.jp/products/its/etc/support/trouble.html

メーカー個別のエラーは各所にお問い合わせ頂くことになりますが、基本的なエラーは大体共通です。

勿論全てのエラーコードを覚える必要はありませんが、知っておいて損はありません。