出口でETCカードのエラーが発生した場合

ETCカードを利用して高速道路の出口を通過する際、何事もなければETCレーンの上部にある無線機と車載器のアンテナでデータ通信が行われ、開閉ゲート(バー)が開く仕組みになっています。

ですが、万が一何かしらのエラーが発生してゲートが開かなかったり、トラブルになってしまったらどうしたらよいのでしょう。

高速道路を降りる際、ETC専用レーンに減速しながら入っていきます。

すぐに停まれるスピードと定義づけられているため時速20㎞程度です。

通常であれば、路側表示器に緑色の矢印が点灯し前方のバーが開いて通行可能となります。

もしエラーが出た際には車載器からもエラーの警告音が出ますが、路側表示器にも「STOP」の表示が出て、バーも開きません。

減速しながら入っていくのはこのためです。

バーに接触しないように、速やかに車を停めましょう。

この際、焦って車の外に出たり、路側を歩いたりしてはいけません。

思いもよらぬ事故につながりかねません。

バーの手前にインターホンがあるので、車の窓を開けて係員の指示を仰ぎましょう。

たいていは、係員に直接ETCカードを渡して清算してもらうというかたちになります。

もちろん直接支払ったとしてもETC割引は適用されますので安心してください。

ETC専用レーンに限らず、料金所は必ずといっていいくらい、後続車が後ろに並んでいます。

もし、エラーがあってゲートが開かなかった場合は車を停めるだけにしましょう。

バックで戻るようなことは絶対にしないでください。

前のほうに行き過ぎてインターホンが遠くなったとしても、戻ることは厳禁です。

大きな声を出すなどして対応しましょう。

後続車の中には、減速をせずにETCゲートを通過するのが当たり前といったような感じで侵入してくる車両もあります。

この場合、ルールを守って停車しても、後続車がすぐ後ろに迫っているため追突しかねません。

やむをえずですが、ゲートを通過するという方法もあります。

バーは柔らかい素材のため、車に傷がつくことはありません。

後で必ず連絡・清算が必要となります。

もし、後続車が何台も並んでいる場合エラーが起こってしまっても、焦らないことが大事です。

エラーは誰にでも起こりうることなので、お互いさまです。

後続車に迷惑がかかると思うかもしれませんが、対応が終わるまで落ち着いて行動しましょう。

たまたま後続車がいないからといってバックして一般レーンに迂回するなどもってのほかです。

車のスピードは思いのほか速いものです。

大事故を防ぐためにもルールを守ってください。

エラーでETCカードが未払いになってしまったとき

ETCカードを使って高速を走行していて、料金所の出口でエラーになった場合、その場で停車して対応することが義務付けられています。

ですが、予期せぬエラーで焦ってしまうことももちろん考えられます。

焦ってしまったり、後続車が減速しないせいで、やむをえずそのままゲートを通過してしまったらどうなってしまうのでしょうか。

不正通行とみなされたらどうしよう、支払いはどうなるのか、罰金になってしまうのかなど心配になってしまいますよね。

対応はどうすればよいのでしょう。

勿論、その時の状況によって適切な対応方法があります。

【高速道路ご利用の方|NEXCO 東日本】このサイトで出口付近でエラーになった場合の対応方法が記載されています。

料金が未払いになてしまった場合についても記載されているので、もっと詳しく知りたい方は一読するといいでしょう。

さて、対応をすればよいのか書き出していこうと思います。

まず、ETCゲートをエラーのまま通過してしまったら、なるべく早くその高速道路を管轄している道路会社へ連絡しましょう。

その際、通過した料金所の場所とゲート№・日付・時刻・車種・車の色・ナンバーなどなるべく詳しく申告しましょう。

道路会社で情報を調べて、通行の記録が確認できたらカード会社に請求されます。

その後、通行料金がETCカードからクレジット料金として引き落としされます。

道路会社によっては現金で支払うことも可能ですが、手続き用の書類を記入して事業所に直接支払ったり、再度利用した道路会社の高速道路の料金所へ次回通行時に支払うことになります。

道路会社によっては通行の上限料金を支払うがあるところもあります。

郵送での送金もできるところもありますが、いずれにしてもたいへん不便で損なので、ETCカードで支払うことをおすすめします。

もし、通過をしたままうっかり連絡を忘れてしまったらどうなるでしょう。

それがうっかりであっても、払うつもりがあってもそのうち連絡しようと思って延び延びになってしまったとしても、不正通行とみなされる可能性があります。

道路会社によっては正規の通過料金の他に割増金を加えて請求される場合があります。

とくに悪質とみなされた場合は、警察への通報も避けられません。

道路整備特別措置法により、30万円以下の罰金が別途課せられる場合があります。

皆さんが思う以上に、高速道路上の不正通行は横行しており、取り締まりも年々厳しくなっています。

高速道路を降りてからすぐに連絡をするぐらいの速やかな対応がドライバーに問われます。

悪質かどうかは道路会社のレコーダーがきちんと記録をしているため、後続車のせいで通過せざるをえなかったり焦って通過してしまったり、明らかに故意ではないとわかる場合には不正通行とはみなされません。

そこは安心してください。

そういったことを想定して、すぐ連絡できるよう電話番号を控えておくのもいいかもしれません。

ETCカードの車載器が故障したとき

ETCカードと同様、車載器も長年使っていれば寿命は必ず訪れます。

2~3年で壊れることはめったにありませんが、10年ぐらいをめどにメンテや交換をしたほうがいいかもしれません。

車載器は、カードの読込エラーが出たり出なかったり、ランプが点いたり点かなかったり異音がするなど、多少調子が悪くなったなという予兆があれば、故障の前に修理や交換もできますが、最近の家電製品はある日突然電源が入らなくなったり動かなくなったりするケースがたいへん多いです。

車載器に関しても、何の予兆もなく壊れてしまったらどうすればいいのでしょう。

ましてや高速道路を走行している真っ最中だったというケースもなくはありません。

そんな時の対処方法を説明します。

高速に乗る手前で故障に気づいたケース

この場合は、やむをえずですが一般レーンに入り通行券を受け取りましょう。

出口も同じく一般レーンから出て現金精算をすることになります。

一般車と同じ扱いとなるため、ETC割引は適用になりません。

高速に乗る手前で故障していたが、気づかずETCレーンに入ってしまったケース

故障に気がつかず、入口でエラーが出てしまった場合です。

出口でのエラーと同じく、速やかに停車し係員の指示を仰ぎましょう。

エラーのため、データが記録できませんので、係員が通行券を発行してくれます。

出口は係員のいる一般車レーン(もしくは兼用のレーン)に入るようにしましょう。

そこで係員に事情を話して通行券とETCカードを提示すれば、料金所内のカードリーダーに読み取って精算をしてくれます。

やむをえない事情のため、ETC割引は適用されることが多いようです。

ETCは、無線で入口と出口を通過したデータを車載器でやりとりすることが大原則です。

本来は手渡しでの清算は推奨できませんので、このようなケースに当たったらすぐに修理・交換をしましょう。

入口では問題なく通過できたが、出口で車載器の故障に気が付いたケース

まれなケースかもしれませんが、通行中に故障してしまった場合です。

高速の出口でエラーが出るため、そこで気づくことになります。

この場合も速やかに停車し、インターホンがありますので事情を話しましょう。

係員がやってくるので、ETCカードを提示して現地清算をしてもらうことになります。

後続車が迫っている場合があるので、バックしたり車から降りるのはやめましょう。

後続車がいない場合は、ハザードランプをつけておいた方が無難です。

前方で異常があったことを知らせることができるため、後続車も車間を開けて止まってくれるからです。